風俗求人

サイトマップ

風俗求人と税金の関係について

2人の男女

風俗はその高い報酬ゆえに魅力的な仕事です。多くの場合、一般人がひと月かけて稼ぐ金額を2、3日で稼げるのが風俗という仕事です。しかし、その高収入ゆえに風俗で働く場合には税金が問題になってきます。風俗で働く女性は、風俗店から雇用された従業員ではありません。一般の会社員やバイトの人間は雇用されているため労働時間に応じて給与を受け取れます。しかし、風俗で働く女性は雇用されているわけではなく個人事業主という立場でお店の部屋を借りて働いているに過ぎません。
そこで、お客を取ることができなければ、原則として報酬は支払われないのです。また、会社員であれば源泉徴収によって給与から所得税や住民税が天引きされています。そこで、会社員は税金の支払手続きをする必要がありません。しかし、個人事業主である風俗嬢は税金の支払手続きを確定申告によってする必要があるのです。
ここで風俗店、特にソープでは税金名目の費用が請求される場合があります。これは、国に収める税金ではなく、単なるお店の経費でしかありません。いくら風俗店に税金を支払っていると言っても所得税等を収めているわけではないのです。風俗で働き始めた場合、所得に応じて所得税と住民税を収めなければなりません。風俗求人に応募する前に、稼ぎの一部を納税しなければならないことについて気をつけておきましょう。

TOP